相続税 増税の注意点

お問い合わせ

相続税 増税の注意点

そもそも相続税とは??

相続税とは、人が死亡した際に財産が移転したときに、その財産に対して課される税のことです。財産の金額次第では、課税されない場合があります。
「お亡くなりになった方=被相続人」、「財産を承継した人=相続人」と呼びますので覚えておきましょう。

相続税がかかる人が増加!(平成27年1月から)

来年の1月1日以後の相続または遺贈により取得する財産から改正された相続税が適用されます。その結果、これまで相続税に縁がなかったゾーンの人も相続税が課税されるケースが出てきます。

なぜ!? 相続税のかかる人が増加するのか?

今までの相続税基礎控除

平成27年1月からの相続税基礎控除

家族の基礎控除額の例

この場合だと、3,200円も控除額が縮小になります。

法定相続人は何人なんだろう? 生前に節税対策や相続対策って可能なの? 相続税はかかるの?かからないの? 相続財産って何が入るの?

など、相続税の基礎控除の増税によって多くの方が相続税対象者になります。
早めに専門家へ相談することで、最良の節税対策が可能です。
ぜひ一度ご相談ください。

お問い合わせ

お問い合わせ

さらに税率も上がるの??

最高税率が現行の50%から55%に引き上げられます。 このため各法定相続人の取得金額が2億円以下の場合は改正後も税率は変わりませんが、取得金額が2億円を超えると税率の引上げと基礎控除の縮小が重なる場合もあり、現行と比べて負担がかなり増えるケースがあります。

相続税率の改正に伴う速算表

各法定相続人の取得金額 現行税率 控除額 改正後税率控除額
~1千万円以下 10% 0円 10% 0円
1千万円超~3千万円以下 15% 50万円 15% 50万円
3千万円超~5千万円以下 20% 200万円 20% 200万円
5千万円超~  1億円以下 30% 700万円 30% 700万円
1億円超~  2億円以下 40% 1,700万円  40% 1,700万円
2億円超~  3億円以下  45% 2,700万円
3億円超~  6億円以下 50% 4,700万円 50% 4,700万円
6億円超~  55% 7,200万円

前の段階の取得金額を超える部分に対して、次の段階の高い税率が適用される「超過累進税率」の構造となっています。

は今回の改正部分です。

相続まるわかりガイド無料進呈 詳しくはこちら

相続税シミュレーション 詳しくはこちら

お問い合わせ

お問い合わせ

コンテンツ

対応エリア

横浜エリア

横浜市鶴見区 横浜市港北区 横浜市都筑区 横浜市青葉区 横浜市緑区 横浜市神奈川区 横浜市西区 横浜市中区 横浜市保土ヶ谷区 横浜市旭区 横浜市瀬谷区 横浜市磯子区 横浜市金沢区 横浜市南区 横浜市港南区 横浜市戸塚区 横浜市栄区 横浜市泉区

川崎エリア

川崎市川崎区 川崎市幸区 川崎市中原区 川崎市高津区 川崎市宮前区 川崎市多摩区 川崎市麻生区

横須賀三浦地域

横須賀市 鎌倉市 逗子市 三浦市 葉山町

県央地域

相模原市 厚木市 湘南地域
平塚市 藤沢市 茅ヶ崎市 秦野市 伊勢原市 小田原市 寒川町 大磯町 二宮町